財形商品の種類とそれぞれの特徴

財形商品という言葉は、今や財形貯蓄商品と呼ばれているのが一般的です。この商品は、おもに貯蓄を促進させるために制定されたもので、給与から天引きされる形態が持たれます。天引きされたお金は、指定先の金融機関に預けるシステムで貯蓄されていきます。給与から天引きされる性質上、この商品には勤労者が対象として扱われていきます。
}PgžxQ                                                          
財形貯蓄商品には、大きく分けて3つの商品があります。一つ目には、一般財形貯蓄と呼ばれるもので、教育・結婚などの多目的に使用される商品になります。年齢制限がなく、どんな用途にでも使用できるため、もっとも馴染みのある商品として認識されています。二つ目には、財形年金貯蓄と呼ばれるもので、将来支払われる年金に上乗せされる貯蓄にあたります。国民年金基金と比べて敷居が狭く、勤労者なら誰にでも扱うことができるメリットがあります。最後に、マイホームの取得および増改築を目的に積み立てられる、財形住宅貯蓄があります。先述の財形年金貯蓄との総額が550万円までを対象に、税制上非課税として扱われます。
                                                              

これらの商品は、貯蓄を増進させるに設定されたもののため、税金面でも優遇措置が採られています。源泉分離課税は総額に対して一律およそ20%の税金が課せられますが、総所得にかかる所得税と比べて、税金の支払いを低く抑えることができます。

コメントは受け付けていません。