財形貯蓄をうまく利用する

フリーの業種とは違い、大多数のいわゆる、「勤労者」は、月給を貰い、
その月給の枠の中から、必要な消費と未来のための貯蓄をする訳ですが、
その際に給与天引きで強制的に消費の枠を絞ると、計画的に貯蓄を行うことができます。
一般的に勤労者のための天引き貯蓄といえば勤労者財産形成貯蓄になるでしょう。
勤労者財産形成貯蓄は昭和46年に制定された勤労者財産形成促進法に則り、翌昭和47年1月にスタートした制度になります。

この制度は、一般財形貯蓄、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄の3種類があり、各種金融機関の商品により、貯蓄型と保険型に分かれます。貯蓄型は銀行や証券会社などで扱う。預金や公社債、投信等で積み立てる方式をいい、保険型は保険会社が扱う保険商品で積み立てていく商品の事をいいます。ただし、銀行などが取り扱う、貯蓄型の場合、ペイオフ規制があるので、1千万円以上の金融資産を扱う場合は注意が必要です。
}PgžxQ

こういった勤労者財産形成貯蓄の一番のメリットは税制上の優遇です。
例えば、この貯蓄制度を利用している勤労者が定期的に受領する現金は、一時所得となり税を徴収されますが、一時所得は50万円まで課税されず、超える部分はその半分に課税するという優遇措置があり、この給付金は給与所得として税を徴収されるので、税制上とても有利になるといえます。